月別: 2018年5月

肌をさっぱりさせる紫外線対策

紫外線対策

 

紫外線を長時間浴びると、自律神経が乱れて、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

そのせいで肌内部に炎症が起こり、それがシミやくすみの原因になるのです。

特に敏感肌の方は、もともとバリア機能が弱いので、短時間の紫外線でも炎症が起こりやすくなります。

 

つまり、日焼け止めクリームで紫外線をできるだけ防ぐと同時に、肌力を底上げするケアが必要です。

とはいえ気温の高い日が続く季節は、ちょっと外出するだけで汗で顔がベタベタになってしまいます。

日焼け止めクリームはヨレますし、メイクの崩れも気になります。

 

そんなテカリやベタつきでお悩みの方には、顔拭きシートでサッとおさえてから、日焼け止めクリームをつけ直すことをおすすめします。

顔拭きシートは、肌になじんでいるメイクをキープしたまま、余分な皮脂だけをすっきり取り除いてくれます。

ひんやりとした使用感でリフレッシュ効果もあります。

 

使用する際の注意点としては、ゴシゴシ拭くのではなく、メイクの上から優しくおさえるだけにしましょう。

シートに色がつくこともありますが、それは皮脂と混ざって崩れたメイクです。

余分なものだけを取り除いてくれるので、日焼け止めクリームのつけ直しがラクになります。

生コラーゲンは効果ないって本当?実際の所どうなの?

コラーゲン効果

人によっては生コラーゲンには効果ないと言う人もいます。

美容に詳しい人の中には本当に効果があるのかを疑問視する人がいてもおかしくはありません。

肌にはコラーゲンが良いと言われているのだから、生コラーゲンだって良いのではないかと思うでしょう。

 

なぜ、効果ないと思う人がいるのでしょうか。

低分子だとか加水分解と言う言葉を聞きませんか。

これらは分子が小さいので角質層まで届きやすい状態になっています。

 

それらとは違って生コラーゲンは分子が大きいために本当に角質層まで届くのか疑問視されています。

分子が小さい方が肌の奥にある角質層まで浸透しやすいのは確かです。

少しでも浸透しやすくするために手を加えています。

 

しかし、人間の肌にある状態に近いと言われているのでむしろ生コラーゲンの方が保水力が高いので、乾燥しがちな肌には効果的でしょう。

ただし、分子を小さくしていないために本当に浸透するのかが問題です。

そのままの状態では厳しいかもしれませんが、浸透しやすいように加工されていれば生コラーゲンであっても問題はありません。

 

むしろ、低分子や加水分解コラーゲンよりも保水力が高いので一層高い効果を実感できるはずです。

きちんと温度管理しないとゼラチンコラーゲンに変わってしまうので要注意です。

良い状態を保つためには冷蔵庫で保管する必要があります。

 

温度管理さえしっかりしていれば良い状態のまま最後まで使うことができますので、効果ないどころか美肌になれたと実感できるはずです。

多くの女性が生コラーゲンを使っていますが、よく浸透すると評判です。

しかも、使い続けていくうちに肌が綺麗になったと実感している人もたくさんいます。

 

保水力が高いので、しっとりとした状態になるので肌トラブルも起こりにくくなりますし、みずみずしい状態になれたのでしょう。

中には効果ないという人もいますが、個人差もありますし使ってよかったと思う人もいるので効果ないというわけではないようです。

トリニティーラインとフィトリフトのそれぞれの特徴は?

トリニティーライン フィトリフト

年齢と共に目立ちやすくなってくる肌の老化を改善しつつ、手軽にスキンケアも完了させたいと思っている方を中心に人気が高くなってきているのが、トリニティーラインフィトリフトなどの美容成分が豊富なオールインワンジェルクリームを利用したスキンケアです。

どちらも豊富な美容成分で構成されており、洗顔後に適量のオールインワンジェルクリームをなじませることで、スキンケアに必要な化粧水、乳液、美容液、クリーム、下地、パックなど様々な美容効果を肌に与えることが出来るので、スキンケアを時短することが出来るメリットがあります。

ただ実際に本格的にオールインワンジェルクリームを利用したいと思っている方は、トリニティーラインとフィトリフトのどちらが自分にあっているのかわからないという方も多いです。

そこでそれぞれの特徴や、価格を比較することで自分の肌質にあっているオールインワンジェルクリームはどちらか判断することが可能になります。

 

トリニティーラインとフィトリフトの特徴は?

まずトリニティーラインの特徴として挙げられるのが、大正製薬のドクタープログラムが開発しているので高い品質と、肌に優しいこだわり成分が凝縮しています。

通常のオールインワン化粧品は美容成分に対して水分量が多い特徴がありましたが、トリニティーラインは約95%が美容成分で構成されています。

美容成分には約48種類が配合されており、肌に潤いを与えてハリと弾力を与え、肌のキメを整えることができます。
ふっくらとした肌に不可欠なセラミドを従来品の55倍配合しており、ナノカプセル技術で美容成分を肌の奥まで浸透させる事が可能です。
価格は単品3800円ですが、定期購入の場合初回は1900円で購入できて、初回のみで解約をすることも可能なので好きなタイミングでやめることができます。

フィトリフトの特徴は、復元力の高い特殊素材「ハリネットポリマー」を配合の形状記憶ジェルなので、弾力が低下しがちな年齢肌に浸透して、ピンとハリのある素肌に仕上げることができます。保湿成分も豊富に配合されており、約6.14倍のヒアルロン酸で肌に潤いを与え、約3.13倍のコラーゲンで肌に弾力を与えます。

更に約2倍のプラセンタが肌にハリをもたらすことが出来るので、目立っていた乾燥やたるみの目立つ素肌を改善して若々しく仕上げることが可能です。
フィトリフトは単品4968円ですが、初回に限り1980円で購入することが可能なので気軽にお試しすることができます。