カテゴリー: シミ

肌をさっぱりさせる紫外線対策

紫外線対策

 

紫外線を長時間浴びると、自律神経が乱れて、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

そのせいで肌内部に炎症が起こり、それがシミやくすみの原因になるのです。

特に敏感肌の方は、もともとバリア機能が弱いので、短時間の紫外線でも炎症が起こりやすくなります。

 

つまり、日焼け止めクリームで紫外線をできるだけ防ぐと同時に、肌力を底上げするケアが必要です。

とはいえ気温の高い日が続く季節は、ちょっと外出するだけで汗で顔がベタベタになってしまいます。

日焼け止めクリームはヨレますし、メイクの崩れも気になります。

 

そんなテカリやベタつきでお悩みの方には、顔拭きシートでサッとおさえてから、日焼け止めクリームをつけ直すことをおすすめします。

顔拭きシートは、肌になじんでいるメイクをキープしたまま、余分な皮脂だけをすっきり取り除いてくれます。

ひんやりとした使用感でリフレッシュ効果もあります。

 

使用する際の注意点としては、ゴシゴシ拭くのではなく、メイクの上から優しくおさえるだけにしましょう。

シートに色がつくこともありますが、それは皮脂と混ざって崩れたメイクです。

余分なものだけを取り除いてくれるので、日焼け止めクリームのつけ直しがラクになります。

シミを解消したい時は美白メイク用品を使用しますが…。

シミ

シミを解消したい時は美白メイク用品を使用しますが、それより重要なのが血液の流れを良くすることです。お風呂に入るなどして血の流れを促進し、老廃物や余分な水分を体外に排出しましょう。

皮膚のターンオーバーを正常化することができれば、さほど手をかけなくてもキメが整い透き通るような美肌になることができます。ぽつぽつ毛穴や黒ずみが気になるのであれば、日頃の生活習慣を見直した方が良いでしょう。

使ったメイク用品が合わないという時は、赤みや腫れ、炎症、ニキビ、乾燥といった肌トラブルが起こることがあるので注意しなければいけません。肌が弱い方は、デリケートな肌用に開発された基礎メイク用品を選択して使った方が賢明です。

年齢を重ねた方のスキンケアの重要ポイントとなるのは、化粧水を取り入れた丹念な保湿であると言ってよいでしょう。

 

それと共に今の食事内容をしっかり改善して、身体内部からも美しくなりましょう。

「高温のお湯でなければお風呂に入った気分にならない」という理由で、熱々のお風呂に延々と浸かったりすると、皮膚の健康を守るために必要な皮脂まで洗い落とされてしまい、しまいには乾燥肌になってしまう可能性があります。

年をとると水分を維持する能力が落ちてしまいますので、化粧水などを使ったスキンケアを行っていても乾燥肌になってしまう可能性があります。

朝晩の保湿ケアをきちっと行っていくことが大事です。

普段から血液循環が滑らかでない人は、38~40度ほどのぬるま湯で半身浴をして血行を促進させましょう。

体内の血の巡りがスムーズになれば、皮膚の代謝も活発になるはずですので、シミ対策にも役立ちます。

サプリメントとか食事によりコラーゲンを体内に取り入れても、残らず肌に使用されるわけではないのです。

乾燥肌になっている人は、野菜やフルーツから肉類までバランスを重視して食べるようにすることが肝要です。